中位(読み)チュウイ

  • ちゅうい ‥ヰ
  • ちゅうい〔ヰ〕
  • ちゅうくらい
  • ちゅうくらい ‥くらゐ
  • ちゅうくらい〔くらゐ〕

デジタル大辞泉の解説

中程度の位置・等級。「業界のほぼ中位にある会社」
大小、上下、多少などのどちらにも属さない、中間の数値あるいは位置。「時間をかけて二酸化炭素を蓄えた植物を原料とするバイオエタノールを短時間で消費することは、地表の二酸化炭素量に中位でないと考えられる」
遊女地位の一。太夫(たゆう)と囲(かこい)の間。天神(てんじん)。
[名・形動]《「ちゅうぐらい」とも》程度が中間であること。大きさ・重さ・長さ・順位などが、平均的であること。また、そのさま。「中位な(の)成績」「中位な(の)背丈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

中程度の位置・等級。
太夫たゆうと囲かこいとの中間であるところから 遊女の位の一。「天神」の別称。
名 ・形動 [文] ナリ 
ちゅうぐらいとも
程度が中間である・こと(さま)。なかほど。平均的。 -の背丈

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① なかほどの地位や順位。中ぐらいの程度。
※九位(1428頃)「中位広精風より出て、下三位に入たるは、強細(がうさい)、強麁(がうそ)の分力なるべし」
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「行厨(〈注〉べんとう)の値〈略〉上なる者は八銭、中にして而して六銭、下は則ち四銭。都人多くは中位を命ず」 〔易経注‐賁卦彖伝〕
② 中正の位。左右にかたよらない地位。〔呂太一‐土賦〕
③ 遊女の位の一つ。太夫の次、囲の上にあたるもの。天神(てんじん)
※浮世草子・御前義経記(1700)一「天神は太夫より少おとれり。〈略〉唐韻に天職、俗語に中位(チウイ)とも宗とも、むら共、格子ともいふ」
〘名〙 (形動) (「ちゅうぐらい」とも) 中間の程度。大小、上下、左右、高低、強弱、遠近などのどちらにもかたよらない程度。また、そのさま。中等。
※俳諧・西鶴大句数(1677)六「おし合は葛籠長持車道 中くらいなるよめ入のくれ」
※俳諧・おらが春(1819)「目出度さもちう位也おらが春」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中位の関連情報