コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腊葉 サクヨウ

大辞林 第三版の解説

さくよう【腊葉】

〔「せきよう(腊葉)」の慣用読み〕
押し葉」に同じ。 「 -集」

せきよう【腊葉】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


さくよう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の腊葉の言及

【標本】より

…岩石,鉱物,化石,貝殻などはそのまま長く保存できるが,その他のものは,生物体の全部または一部を,適当な方法で速やかに乾燥させて,保存に耐える乾燥標本に製作する。植物は水をよく吸う紙などの間にはさみ,重しを乗せて乾燥させ,腊葉(さくよう)とする。哺乳類,鳥類などの脊椎動物,大型の甲殻類などは,肉や内臓を取り去り,皮または外骨格だけを残し,その裏面に防腐剤や防虫剤を塗り,乾燥させて剝製標本に製作する。…

※「腊葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

腊葉の関連キーワード押し葉標本・押葉標本シンガポール植物園押し葉・押葉ハーバリウム松村 任三川喜田政明押葉標本ラマルクさく押葉

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android