コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バクー油田 バクーユデン

デジタル大辞泉プラスの解説

バクー油田

アゼルバイジャンにある油田。同国東部の首都バクー周辺、カスピ海沖合にある油田の総称

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バクー油田
ばくーゆでん
Бакинский нефтегазоносный район Bakinskiy neftegazonosny rayon 

アゼルバイジャン共和国、カスピ海に面するバクー地方にある油田群。バクーの石油の歴史はペルシアの昔より始まる。近代的石油産業ノーベル賞創設者のA・ノーベルの兄たちにより整えられ、1900年代の初めには世界一の石油生産地となった。その後の革命や第二次世界大戦の間、油田は破壊と再建が繰り返され、石油生産の中心は第二バクーに移っていった。現在はカスピ海の油田開発が活発化し、開発された油田群は対岸まで延びている。[田中正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バクー油田の関連キーワードアゼルバイジャン共和国アジャール自治共和国オクチャブリスキーボルガ・ウラル油田アゼルバイジャンステルリタマクタタールスタンカフカス山脈チュメニ油田バトゥーミシズラニ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android