コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシキール族 バシキールぞくBashkir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バシキール族
バシキールぞく
Bashkir

ロシア,バシコルトスタン共和国を中心に居住するチュルク語系民族。人口約 100万。古くからウラル南部に住む遊牧民で,馬,羊,牛,やぎなどを飼育していたが,19世紀以降ロシア植民者の影響で農業を営むようになった。以前は父系氏族制であったが,現在は村落単位で政治を行なっている。宗教はイスラム教ギリシア正教。近代以降はタタール人の文化的・言語的影響を強く受けており,独自の言語であるバシキール語を母語とする者は,全体の 60%程度となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バシキール族の関連キーワードチュルク語系諸族

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android