バシュメット

百科事典マイペディア「バシュメット」の解説

バシュメット

ウクライナ出身のビオラ奏者。プリムローズらに続いてビオラを独奏楽器として広く認知させた。モスクワ音楽院ほかに学び,1976年ミュンヘン国際コンクールで優勝。以後独奏活動の一方室内楽にも活躍し,リヒテルらと協演。1986年には室内オーケストラ〈モスクワ・ソロイスツ〉を結成し,世界各地で演奏活動を展開。ビオラのレパートリー拡大にも力を入れ,彼の委嘱によりシュニトケの《ビオラ協奏曲》(1985年)など多くの傑作が誕生している。1989年,モスクワ・ソロイスツと初来日。
→関連項目カンチェリ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android