コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バジードー Bagyidaw

世界大百科事典 第2版の解説

バジードー【Bagyidaw】

1784‐1846
コンバウン朝ビルマ(現ミャンマー)の第7代国王。在位1819‐37年。先王ボードーパヤーの孫。封土としてサガイン地方を下賜されていたことからサガイン侯とよばれていた。1819年祖父の死とともに即位,古都アバに王城を築いて23年に遷都した。即位式の時マニプル太守が列席しなかったため,マハーバンドゥーラを司令官に任じて追討させ,マニプルやアッサムの太守がカチャールに亡命したため,24年ビルマ軍はジャインティアを経由してカチャールに進撃した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バジードーの関連キーワードフマンナン・ヤーザウィンフマンナン・ヤーザウィンマンナン・ヤーザウィンウー・カラーバガヤー僧院ビルマ戦争

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android