コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バジードー Bagyidaw

世界大百科事典 第2版の解説

バジードー【Bagyidaw】

1784‐1846
コンバウン朝ビルマ(現ミャンマー)の第7代国王。在位1819‐37年。先王ボードーパヤーの孫。封土としてサガイン地方を下賜されていたことからサガイン侯とよばれていた。1819年祖父の死とともに即位,古都アバに王城を築いて23年に遷都した。即位式の時マニプル太守が列席しなかったため,マハーバンドゥーラを司令官に任じて追討させ,マニプルやアッサムの太守がカチャールに亡命したため,24年ビルマ軍はジャインティアを経由してカチャールに進撃した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バジードーの関連キーワードティチング唐来参和今中大学佐藤信淵南画ヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone