コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バスミル(抜悉密) バスミルBashmil

1件 の用語解説(バスミル(抜悉密)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バスミル(抜悉密)
バスミル
Bashmil

阿史那氏の支配したトルコ系の一部族。天山の北,ビシュバリクを中心として遊牧。初め突厥に所属していたが,744年ウイグルとともに東突厥のウズミシュ・カガン (烏蘇米施可汗) を殺し,バスミルの大酋阿史那施は推されてカガンとなったが,まもなくウイグルカルルク (葛邏禄) に敗れ,その人民はウイグルに帰属した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone