コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿史那氏 あしなし

1件 の用語解説(阿史那氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あしなし【阿史那氏】

突厥(とつくつ)の支配氏族の名。狼を始祖とする伝説をもつ。元来アルタイ山脈の南西にいて柔然に従属していたが,豊富な鉱産資源を背景にした鍛鉄技術を生かして勢力を拡大した。552年に柔然を討滅して北アジアに覇を唱えた初代突厥可汗の土門(ブミン可汗,イルリク(伊利)可汗)以来,630‐682年(貞観4‐永淳1)の唐の羈縻(きび)支配時代を除き,阿史那氏系の男子が,阿史徳氏と通婚して突厥可汗位を独占した。ただし西突厥はテュルギシュ(突騎施)の手中に入ったこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の阿史那氏の言及

【カーシャ】より

…ロシアで最も古くから知られた料理のひとつ。日本の粥あるいは雑炊にちかい。ふつうは,ソバをはじめ,大麦,小麦,ライ麦,米などの穀粒を,沸騰した牛乳あるいは水の中に投入し,塩,砂糖,コショウ,バターなどで味をつける。このさい各種の野菜,果物,キノコ,肉などを混入することもある。ライ麦からつくる黒パンやビート入りのボルシチ・スープなどと並んで,現在でもロシアで最も普及している家庭料理である。古くはハレの日の宴会に欠かせぬ料理であり,食事そのものを意味することすらあった。…

※「阿史那氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿史那氏の関連キーワード突厥突厥文字くつくつ法師つくつく法師がくつ・くひくつ・くびくつ・くビルゲカガン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone