カルルク(読み)かるるく(英語表記)Kharlukh

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルルク
かるるく
Kharlukh

7~12世紀に内陸アジアで活躍したトルコ民族。漢字では葛邏禄、哈剌魯と音写される。アルタイ山脈の西、天山山脈の北を本拠とし、だいたい西突厥(とっけつ)、ついで、西突厥から分離独立したトゥルギシュ(突騎施)の勢力下にあった。突厥が滅ぶ(744)と、一部はウイグル帝国(745~840)に服属したが、主部はイリ川流域から西トルキスタンにも勢力を及ぼし、ウイグル帝国の滅亡後西方へ移動してきたウイグルとともに、カラ・ハン朝を建てた。イリ川流域に残っていたものは、13世紀の初めにモンゴル帝国に服属した。[護 雅夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カルルクの関連情報