コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カガン Kagan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カガン
Kagan

1935年までノーバヤブハラ Novaya Bukhara。ウズベキスタン中部,ブハラ州の都市。州都ブハラの南東約 10km,ブハラオアシスにある。綿花洗浄,食品 (製粉,油脂) ,建設資材などの工場が立地する。サマルカンドトルクメニスタンのチャルジョウを結ぶ鉄道が通り,ブハラへの支線が分岐する。人口約3万 5000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カガン
かがん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カガンの関連キーワードウズミシュ・カガン(烏蘇米施可汗)クトルク・ボイラ(骨力裴羅)ビルゲ・カガン(毗伽可汗)トクトア・ブハ(脱脱不花)キョル・テギン(闕特勤)トニュクク(暾欲谷)トゥドゥン(吐屯)バスミル(抜悉密)オルジェイ・テムルハラ・バルガスンイステミ・カガン突厥(とっけつ)オグズ・ナーメバイ・バリック阿史那骨咄禄ウチュケン山ブルガール族ウイグル碑文カーン(汗)ゼマルコス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カガンの関連情報