コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バタフライ弁 バタフライべん

百科事典マイペディアの解説

バタフライ弁【バタフライべん】

蝶(ちょう)形弁とも。円筒形の弁箱の中で円板状の弁体が回転する構造のバルブ。流れの方向に対する弁体の角度を変えて流量または圧力を調整する。全開時の抵抗は小さいが,全閉時に気密性を保持することがむずかしい構造のため,低圧の管路で広く使われる。
→関連項目バルブ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のバタフライ弁の言及

【バルブ】より

…このため,常時開または閉で使用する大型弁や高圧弁に多く使われる。(3)バタフライ弁 円筒形の弁箱の中に流路内径と等しい径をもつ円板状の弁体を入れ,それを直径軸のまわりに回転して開閉を行うもの(図c)。構造が単純で口径に比べて流れ方向の寸法(面間距離)を小さくできる利点がある。…

※「バタフライ弁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バタフライ弁の関連キーワード中北製作所蝶形弁

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android