コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バターノキ バターノキButyrospermum parkii; shea butter tree

1件 の用語解説(バターノキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バターノキ
Butyrospermum parkii; shea butter tree

アカテツ科の高木で,シェアバターノキともいう。熱帯アフリカ原産。特にスーダン西海岸に多い。高さ 20m内外,幹の直径 1.5~1.8mに達する。葉は大型で光沢のある緑色。果実はモモ程度の大きさで,やや細長く,甘い果肉と硬い種子から成る。種子に帯緑黄色のバター様の脂肪を含み,重要な食料とされ,ヨーロッパでも料理用の脂肪として使われる。材は堅く耐久力が強く,シロアリの害に強いので建築用材に使われる。なおバターノキと呼ばれるものは,このほかに同科の Bassia butyracea (ネパール,インド産) ,B. latifolia (ベンガル産) ,またオトギリソウ科の Pentadesma butyracea (熱帯アフリカ西部産) などがあり,いずれも種子から有用な脂肪分をとる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バターノキの関連情報