コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バダフシャーン州(読み)バダフシャーン(英語表記)Badakhshān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バダフシャーン〔州〕
バダフシャーン
Badakhshān

アフガニスタン北東端の州。州都ファイザーバード。北はタジキスタン,南東はパキスタン,さらに東には一部分が中国シンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区と国境を接する。州は大部分がヒンドゥークシ山脈,ないしはその北部支脈による山岳地帯で,アムダリアの源流となるコクチェ川,アベパニ川が流れる。古くはエフタル族に支配され,以後イラン系,モンゴル系,インド系の諸王朝に支配された。 1895年のイギリス=ロシア協定によって,バダフシャーン地方が現在のように分割決定した。渓谷の灌漑農業で米,コムギトウモロコシ綿花を産し,丘陵ではオオムギ,豆類,ブドウなど果物を産する。羊毛,皮革のための畜産もある。なお,ラピスラズリの宝石の特産がある。面積4万 7393km2。人口約 50万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android