コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッキンガムのΠ定理 Buckingham's pi theorem

法則の辞典の解説

バッキンガムのΠ定理【Buckingham's pi theorem】

ある物理現象に関与する物理量の数が n,これらの物理量に含まれている質量,長さ,時間などの基礎物理量の数が m であるならば,この現象は互いに独立な nm 個の無次元数で記述できる.そしてこれらの無次元数は,たかだか m+1の現象に関与する物理量の冪乗積である.

別な表現をとると次のようにもなる.

m 個の基本量があって,これによって表される n 個の物理量 x1x2,…,xn があるとき,これらの間に,基本量の単位の取り方をどのように変化させても成立する唯一の関係式 Fx1x2,…,xn)=0が存在するならば,この式は F(π1,π2,…πnm)=0の形で表現可能である.ここの πi は,x1x2,…,xn からつくることのできる nm 個の互いに独立な無次元の量である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

バッキンガムのΠ定理の関連キーワード次元解析無次元数Π定理X2

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android