コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無次元数 むじげんすうdimensionless number

世界大百科事典 第2版の解説

むじげんすう【無次元数 dimensionless number】

物理的に観測される量は必ず次元をもっている。しかしこれらの量を掛けたり割ったりすると無次元の単なる数が得られることがある。これを無次元数という。最も簡単な無次元数は長方形の縦,横の長さの比である。一般に比は無次元数である。マッハ数は物体の速度と音速の比であるから無次元数である。単なる比ではない無次元数もある。その代表的なものはレーノルズ数である。レーノルズ数は速度U(m/s)と長さL(m)の積を動粘度ν(m2/s)で割ったものであって,確かに無次元数である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の無次元数の言及

【次元解析】より

…複雑な現象に関し,関係する諸量の間に成り立つ物理法則を見いだそうとする場合に用いられる手法。次元解析は〈物理法則は必ず無次元数の間の関係として表される〉という定理にもとづいている。無次元数とは,物理量を組み合わせてつくった次元のない数である。…

※「無次元数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無次元数の関連キーワードテイラー数(粘性流体)バッキンガムのΠ定理グルベル‐ウォーゲ数ルントクヴィスト数ベナール型対流ストルーハル数セミョーノフ数デバイの比熱式アマガー単位レイノルズ数プラントル数微細構造定数シュミット数ヌッセルト数スタントン数エッカート数バグノルド数ヴェーバー数コーシー数アーセル数

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android