コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バドゥラ Badulla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バドゥラ
Badulla

スリランカ南部の町。バドゥラ県の県都。カンディー南東約 60km,ピドゥルタラガラ山 (標高 2524m) 南東麓のウバ盆地に位置。バドゥルオヤ (川) にのぞみ,古来諸王国の王都として繁栄した。周辺は 20世紀に入ってから灌漑施設が整備され,棚田,茶畑が開かれた。草原の中にシンハラ人の集落が点在。付近で石灰石を採掘。人口3万 2000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バドゥラの関連キーワードアントーニオ ヤニグロイェルク デームスフジコ ヘミング児玉 邦夫ヤニグログルダデムス

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android