コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バドゥラ Badulla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バドゥラ
Badulla

スリランカ南部の町。バドゥラ県の県都。カンディー南東約 60km,ピドゥルタラガラ山 (標高 2524m) 南東麓のウバ盆地に位置。バドゥルオヤ (川) にのぞみ,古来諸王国の王都として繁栄した。周辺は 20世紀に入ってから灌漑施設が整備され,棚田,茶畑が開かれた。草原の中にシンハラ人の集落が点在。付近で石灰石を採掘。人口3万 2000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バドゥラの関連キーワードアントーニオ ヤニグロイェルク デームスフジコ ヘミング児玉 邦夫ヤニグロデムスグルダ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android