王都(読み)おうと

精選版 日本国語大辞典「王都」の解説

おう‐と ワウ‥【王都】

〘名〙 国王居所のある首。帝都。
※万国新話(1868)〈柳河春三編〉三「独立以後此府を以て王都とし、新に国王の宮殿を起し」 〔経‐小雅・雨無正〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「王都」の解説

【王都】おう(わう)と

王の都。〔詩、小雅、雨無正〕(なんぢ)王れと謂へば 予(われ)未だ室家らずと曰ふ

字通「王」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android