コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶畑 チャバタケ

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐ばたけ【茶畑】

茶の木を植えた茶園 春》「―に入日しづもる在所かな/竜之介

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃばたけ【茶畑】

チャノキを植えた畑。茶園。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の茶畑の言及

【畑∥畠】より

…【黒田 日出男】
[近世]
 江戸時代の畑には年貢賦課の見地から次のような名称がある。桑畑,楮(こうぞ)畑,漆畑,茶畑,麻畑,見付畑,砂畑,山畑,野畑,焼畑,切替畑,鹿野(かの)畑,苅生(かりおい)畑,薙(なぎ)畑,林畑,荻(おぎ)畑,萱(かや)畑などである。慶長年中(1596‐1615)の美濃国検地帳には,桑畑,楮畑は上々畑なみの石盛(こくもり)13(反当り1石3斗)をつけ,麻畑,茶畑は上畑なみの12の石盛をつけたといわれるが,一般的には作付作物の種類にかかわらず,毎年作付けされる畑は地味に応じて,上,中,下,下々,山畑などに分けられる。…

※「茶畑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

茶畑の関連キーワード長崎県平戸市木引町香肌峡県立自然公園大野伝兵衛(8代)永源寺こんにゃく徳光屋覚左衛門キュールピップスリモンゴル太安万侶墓誌静岡県島田市常北[町]ハプタレー吉田[町]フルタ電機土地利用図ラシュトバドゥラ水縄山地かぶせ茶茶の木原チャノキ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶畑の関連情報