コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バドギル Badgir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バドギル
Badgir

シークワイコウ (石拐溝) ともいう。中国北部,内モンゴル (蒙古) 自治区中部,パオトウ (包頭) 市の北東郊にある炭鉱町市部からパオラン (包蘭) 鉄道の支線が出ている。大規模な露天掘り鉱が建設され,パオトウ鉄鋼コンビナートに石炭を供給している。埋蔵量は1億 3700万t。年出炭量 500万t。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バドギルの関連キーワードパオトウ(包頭)特別市

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android