コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラグタス Francisco Balagtas

世界大百科事典 第2版の解説

バラグタス【Francisco Balagtas】

1788‐1862
フィリピンのタガログ語詩文学の父。ブラカン州ビガア町の貧しい鍛冶屋に生まれた。11歳のときマニラの下町トンドの富裕な家庭に奉公に出,主人の世話でサン・ホセ学院,サン・フアン・デ・レトゥラン学院を卒業した。当時のトンドはホセ・デ・ラ・クルスなど著名なタガログ詩人の集う町で,バラグタスの天与の詩才はここで花開いた。しかし彼の人生はかならずしも幸せなものではなく,1835年ごろから2~3年間と,56年から4年間,奇怪な罪状で牢獄生活を強いられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

バラグタスの関連キーワードフィリピン文学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android