牢獄(読み)ろうごく

精選版 日本国語大辞典「牢獄」の解説

ろう‐ごく ラウ‥【牢獄】

〘名〙 罪人を入れておく所。牢屋。獄舎。
※性霊集‐一〇(1079)十喩詩「悉地楽宮莫愛取、有中牢獄不須留」
※貞享版沙石集(1283)四「三界の牢獄に人をつなぐ鏁(くさり)」 〔晉書‐天文志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の牢獄の言及

【刑務所】より

…上記の3種に,少年院,少年鑑別所,婦人補導院を加えて,矯正施設ともいう。
[歴史]
 死刑を中心とする中世以来の刑罰制度の中で,牢獄は,裁判を待つ未決囚や,執行を待つ死刑囚などを拘禁し,あるいは罰金や債務の支払いを強制するための身柄拘束を行う場所であった。裁判所庁舎等の地下などに置かれた非衛生的なものが多く,長期の拘禁を必ずしも予定していなかったといわれる。…

【牢屋】より

…また権力者によって政治犯が投獄されることはひんぱんであった。フランスのコンシエルジュリ,バスティーユ,バンセンヌ城,イギリスのロンドン塔,ローマのサンタンジェロ城はその代表的な牢獄であった。 牢屋としては,古代では,ヘブライ人は水がたまっていない貯水槽を,ギリシア人は鉱山の坑道を,シラクサの僭主ディオニュシオス1世は採石場を,ローマ人は同じく鉱山や採石場を利用した。…

※「牢獄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android