コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラタ族 バラタぞくBharata

世界大百科事典 第2版の解説

バラタぞく【バラタ族 Bharata】

前期ベーダ時代(前1500ころ‐前1000ころ)の有力なアーリヤ人部族。インド亜大陸のパンジャーブ地方の東端,サラスバティー川の流域に拠り,アーリヤ人諸部族や先住民ダーサと争いつつ勢力を伸ばした。〈十王の戦〉で名高いスダース王はこの部族に属する。後期ベーダ時代(前1000ころ‐前700から前600ころ)には,他部族と融合しつつガンガー(ガンジス)川上流域に進出した。クル族,パンチャーラ族などはこの系統に属すといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のバラタ族の言及

【バーラタバルシャ】より

…インド古来よりの〈インド〉の呼称。サンスクリットで〈バラタ族の国土〉を意味し,インド人は現在も自国のことをこのように呼んでいる。インドの切手に英語のIndiaとともに,デーバナーガリー文字でバーラトと印刷されているが,これはバーラタバルシャの略で,正式国名ともなっている。…

※「バラタ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バラタ族の関連キーワードバガバッド・ギーターバーラタバルシャマハーバーラタクリシュナ摩訶婆羅多インド文学バシシタビヤーサ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android