コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラデーバ Baladeva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バラデーバ
Baladeva

バララーマ Balarāmaとも呼ばれる。ヒンドゥー教のビシュヌ神の化身であるクリシュナの兄。クリシュナとともに成長して,種々の悪魔を破り,ついには宿敵の悪王カンサを殺害する。その後も多くの悪王らを殺害するが,クリシュナの死とともに,バラデーバも死ぬ。プラーナ聖典においては,ビシュヌ神がその上で休むというシェーシャと呼ばれる巨大なナーガ (竜またはへび) をバラデーバと同一視する場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のバラデーバの言及

【チャイタニヤ】より

…神に対する愛は神の歓喜の発現である。18世紀にバラデーバBaladevaが《ブラフマ・スートラ》に対する注釈(ゴービンダバーシャGovindabhāṣya)を書き,チャイタニヤ派の体系をベーダーンタ哲学によって基礎づけた。神すなわちブラフマンの本性は知と歓喜で,両者は神の身体である。…

※「バラデーバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バラデーバの関連キーワードローヒニー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android