バラーハ(英語表記)varāha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バラーハ
varāha

サンスクリット語で,いのししの意。ヒンドゥー教の一派であるビシュヌ派の最高神ビシュヌの化身の一つ。悪魔ヒラニヤークシャ Hiraṇyakṣaが大地を海底に沈めてしまったとき,ビシュヌはいのししの姿となり,牙によって大地を海底から引上げたという神話を背景とする。いのししの地面を掘返す習性を土地を耕す形とみて,大地の豊饒力との関連でこの神話を説明しようとする説など,種々の解釈がなされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のバラーハの言及

【インド神話】より

…プラーナ文献において,ビシュヌの化身(アバターラavatāra)神話が整備された。化身の種類と数については種々の説があり,必ずしも一定しないが,特に,猪(バラーハ),人獅子(ヌリシンハ),亀(クールマ),侏儒(バーマナ),魚(マツヤ),ラーマ,パラシュラーマParaśurāma,クリシュナ,ブッダ,カルキKalkiの10種の化身が最も一般的である。ビシュヌは猪となり,水没していた大地をその牙で救い上げ,悪魔ヒラニヤークシャを殺した。…

※「バラーハ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android