コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリケード事件 バリケードじけんJournées parisiennes des Barricades

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリケード事件
バリケードじけん
Journées parisiennes des Barricades

パリに生じた騒乱。フランス史上この名で呼ばれる事件は2つあり,いずれも市民が街路にバリケードを築いて反乱の姿勢を示した。 (1) 1588年5月 12日国王アンリ3世に反対してバリケードを築き,ギーズ公アンリを支持する市民が王の軍隊と衝突。その結果は市民側が優勢で,王はパリを退去するほかなかった。 (2) 1648年8月 26日 J.マザランがパリ高等法院を弾圧し,評定官 P.ブルーセルその他を逮捕したことを不満としてバリケードが築かれた。ブルーセルが釈放されたため一応平静に戻ったが,フロンドの乱の発端となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android