街路(読み)ガイロ

世界大百科事典 第2版の解説

がいろ【街路】

都市内にある道路を総称するが,狭義には,都市計画において都市施設として定められた道路をいう。日本の都市計画法では,その種別機能に応じて,自動車専用道路,幹線街路,区画街路および特殊街路に分けている。街路は人や車の交通路としての役割に加え,通風採光など快適な生活環境を確保する機能,都市防災上の機能,電気,電話,上・下水道,ガスなどの各種都市施設を収容する空間としての機能,さらには,街区を構成し,市街地の秩序ある発展を誘導する機能など,多面的な機能をもっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

街路
がいろ

都市内における道路の総称で、とくに地方部にある道路と区別してよぶときに用いる名称。街路の特徴としては、交通機能としての役割はもとより、都市のオープンスペースとしての空間、供給処理施設の収容空間を供給するとともに、とくに沿道宅地へのサービス機能が卓越している。街路網の形態は、都市の発展、規模、地形により異なるが、放射環状形、格子形、梯子(はしご)形、斜線形、合成形に大別される。[吉川和広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

街路の関連情報