発端(読み)ほったん

精選版 日本国語大辞典「発端」の解説

ほっ‐たん【発端】

〘名〙 (物事の端緒を発(ひら)くの意)
① (━する) 物事が始まること。また、物事や書物の初め。始まり。いとぐち。はったん。
※史記抄(1477)一四「発端は初命晉大夫魏斯趙籍韓虔為諸侯とあるぞ」 〔宋史‐文彦博
② 心の胸中の奥深い所。
日葡辞書(1603‐04)「Fottanyori(ホッタンヨリ) トガヲクリヲ スル〈訳〉心の底から喜んで、罪の償いをする」

はっ‐たん【発端】

〘名〙 物事の端緒をひらくこと。物事のはじめ。→ほったん
※温故知新書(1484)「発端 ハッタン」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「発端」の解説

はっ‐たん【発端】

ほったん(発端)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「発端」の解説

【発端】はつたん・ほつたん

ことのはじめ。〔晋書伝〕(上)臣以爲(おも)へらく、三傳(左・公・穀)同じく春秋と曰ふと雖も、發端は異趣。案ずるに三家異同のの如き、~に於て共にするを得べからず。

字通「発」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android