バリッラの一揆(読み)バリッラのいっき

世界大百科事典 第2版の解説

オーストリア継承戦争期の1746年,オーストリアに占領されていたジェノバで,占領軍の追放に成功した市民の反乱。言い伝えではバリッラBalillaと呼ばれる少年(本名ジョバン・バッティスタ・ペラッソ。1729‐81)の投石が反乱のきっかけを与えたとされ,ここからバリッラの一揆呼称が生まれた。20世紀のイタリア・ファシズム政権はバリッラの名を勇気と愛国主義のシンボルとして用い,〈バリッラ全国事業団〉と名づけた青少年向けの全国団体を組織した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android