コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリッラの一揆 バリッラのいっき

1件 の用語解説(バリッラの一揆の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バリッラのいっき【バリッラの一揆】

オーストリア継承戦争期の1746年,オーストリアに占領されていたジェノバで,占領軍の追放に成功した市民の反乱。言い伝えではバリッラBalilla呼ばれる少年(本名ジョバン・バッティスタ・ペラッソ。1729‐81)の投石が反乱のきっかけを与えたとされ,ここからバリッラの一揆の呼称が生まれた。20世紀のイタリアファシズム政権はバリッラの名を勇気と愛国主義シンボルとして用い,〈バリッラ全国事業団〉と名づけた青少年向けの全国団体を組織した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バリッラの一揆の関連キーワードアーヘンの和約オーストリア継承戦争スペイン継承戦争マリア・テレジアオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国マリアテレジアオーストリーオーストリアン・スムース・ブラッケ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone