コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリッラの一揆 バリッラのいっき

1件 の用語解説(バリッラの一揆の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バリッラのいっき【バリッラの一揆】

オーストリア継承戦争期の1746年,オーストリアに占領されていたジェノバで,占領軍の追放に成功した市民の反乱。言い伝えではバリッラBalilla呼ばれる少年(本名ジョバン・バッティスタ・ペラッソ。1729‐81)の投石が反乱のきっかけを与えたとされ,ここからバリッラの一揆の呼称が生まれた。20世紀のイタリアファシズム政権はバリッラの名を勇気と愛国主義シンボルとして用い,〈バリッラ全国事業団〉と名づけた青少年向けの全国団体を組織した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

バリッラの一揆の関連キーワードフェリペ穴井六郎右衛門児童文学三大名作塙保己一荒木田久老歌体約言勘六司天台富永仲基

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone