コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルカン社会主義連邦 バルカンしゃかいしゅぎれんぽう

世界大百科事典 第2版の解説

バルカンしゃかいしゅぎれんぽう【バルカン社会主義連邦】

1910年バルカン諸民族の社会民主主義者によって設立された組織。20世紀初めバルカン諸政府の民族主義的な政策とヨーロッパ列強のたび重なる干渉によって国際的な危機が深まる中で,当時勢力を増大しつつあった労働者階級の間にバルカン地域の平和を求める運動がひろまった。創立の主導権を握ったのがセルビアブルガリアいずれの党であったかについては意見が一致しないが,1910年1月にはベオグラードで創立大会が開かれ,セルビア,ブルガリア(テスニャキ派),ギリシア,ルーマニア,オスマン・トルコ等の代表が参加した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バルカン社会主義連邦の関連キーワードゲオルギ ディミトロフバルカン連邦構想ディミトロフ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android