バルタバス(英語表記)Bartabas

現代外国人名録2012の解説

バルタバス
Bartabas


国籍
フランス

専門
演出家;映画監督;俳優

肩書
ジンガロ主宰

生年月日
1957

経歴
19歳でコメディア・テラルラの劇団“アンポルテ劇団”の共同設立者に。1984年馬が人のように演じる騎馬オペラ・ジンガロ劇団を結成。キャンピングカーで欧州各地を巡演し、高い人気を集める。動物の検疫や広大な会場が必要なことから、海を越えたのは過去にニューヨーク公演のみという“幻の劇団”として知られたが、2005年東京・木場で初来日公演を開催。2009年2度目の来日公演。主な作品に「Triptyk(3部作)」(2000年)、「ルンタ」「バトゥータ」などがある。一方、1993年「ジェリコー・マゼッパ伝説」で映画監督デビュー。ベルサイユ宮殿に開かれた馬術スペクタクルアカデミーの校長を務める。

受賞
カンヌ国際映画祭最優秀芸術貢献賞〔1993年〕「ジェリコー・マゼッパ伝説」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android