コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルビアニ環 Balbiani ring

法則の辞典の解説

バルビアニ環【Balbiani ring】

双翅目昆虫のユスリカ唾液腺の染色体に見いだされる巨大なバフ.ここでは多量のRNAの合成が行われ,また各染色体におけるバルビアニ環の位置は幼虫の発生段階によって大きく変化する.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内のバルビアニ環の言及

【唾腺染色体】より

…これをその形にちなんでパフpuffという。発見者の名にちなんでバルビアニ環とよぶこともある。一つのパフは数個のバンドを含むが,その位置および大きさは幼虫や前蛹(ぜんよう)の発育段階によって異なる。…

※「バルビアニ環」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報