コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルメン会議 バルメンかいぎSynod of Barmen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルメン会議
バルメンかいぎ
Synod of Barmen

反ナチスの抵抗を組織化するためにドイツのプロテスタント諸派 (ルター派領邦教会,カルバン派,合同教会) が,1934年5月ルール地方のバルメンで開いた会議。告白大会 Bekenntnissynodとも呼ばれる。この運動の中核は,M.ニーメラーの主宰する牧師緊急同盟で,37年ニーメラーが逮捕されてからは地下運動となった。バルメンでは K.バルトを中心にバルメン宣言6ヵ条を採択し,第2次世界大戦後の教会復興にまで影響を及ぼした。 (→告白教会 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バルメン会議の関連キーワード教会会議

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android