コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バローチー族 バローチーぞくBaloch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バローチー族
バローチーぞく
Baloch

バルーチー族 Baluchともいう。パキスタンバルチスターン地方の住民の総称であるが,特にバローチー語を話す諸民族をさすことが多い。シンド地方,イランの東部国境地域,アフガニスタン南部にも居住する。パキスタンにおける人口約 390万,イラン約 135万。居住地は間に住むバフイ族によって東西に二分され,東部はスライマニ,西部はマクラニと呼ばれ,それぞれの方言を用いている。伝統的にらくだ,牛,羊などの遊牧民であるが,定住農耕が発達している。イラン高原を源郷とするが,ミヤ・ハンザという伝説上の王を始祖とする父系氏族によって組織された社会をもち,イスラム教のスンニー派を信仰している。初期の戦争と定着の過程を歌った叙事詩が有名で,専門的な吟遊詩人がこれを広めた。ヒンドゥー教の影響により身分世襲的職業差別が行われている。バローチー語はペルシア文字を使用している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バローチー族の関連キーワードバルチスターン独立運動ブラーフーイー族

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android