コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンスリー

百科事典マイペディアの解説

バンスリー

北インドの横笛。竹製で,一方の端をふさぎ,一列に指孔をあけたもの。ベヌ,バーンシーンとも。大きさ,指孔の数もさまざまであるが,概して南インドのもの(クラルが代表的)より長く,しっとりと低い響きをもつ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バンスリー【bansurī】

北インドの横笛。竹製で,一方の端をふさぎ,1列に孔をあけた簡単な構造である。紀元前のベーダ時代から使われていたと推定され,名前もベヌveṇu,バーンシーbāñshī,ムラリーmuralīなど,さまざまの呼び方がある。大きさや指孔の数もいろいろなものがあるが,概して南インドのもの(クラルkuṛalが代表的)より長く,しっとりと低い響きをもつ。古典音楽にも民俗音楽にも用いられている。【的場 裕子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android