コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バージャー病の病名の由来 ばーじゃーびょうのびょうめいのゆらい

家庭医学館の解説

ばーじゃーびょうのびょうめいのゆらい【バージャー病の病名の由来】

 バージャーとは、アメリカ、ニューヨーク州の医師の名前(レオ・バージャー/1879~1943年)です。1906年にこの病気の詳しい報告を初めて行なったことから、この医師の名前が病名として用いられています。
 なおバージャーのスペルはBuergerで、ビュルガーと発音されることもあるため、ビュルガー病とも呼ばれます。
 バージャー病は、厚労省の特定疾患(とくていしっかん)(難病(なんびょう))に指定されていて、医療費の自己負担分は公費で支払われることもあります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android