コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーゼルラントシャフト准州 バーゼルラントシャフトBasel-Landschaft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーゼルラントシャフト〔准州〕
バーゼルラントシャフト
Basel-Landschaft

フランス語ではバールカンパーニュ Bâle Campagne。スイス北部,ライン川左岸の准州。州都はリースタール。 1833年,バーゼル州が実質的にはバーゼル市とほぼ同一のバーゼルシュタット准州と,周辺の農村部から成るバーゼルラントシャフト准州とに分離したもの。西部のビルス川流域ではカトリックが半数に近いが,東部のエルゴルツ川流域ではプロテスタントが5分の4をこす。ほぼ全員がドイツ語を話す。バーゼル市の通勤圏にあり,就業人口の 60%が工業・手工業,30%がサービス業に従事する。面積 428km2。人口 23万 112 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android