バーディヤト・アルジュヌビヤ(英語表記)Al-Bādiyat al Junubiyah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーディヤト・アルジュヌビヤ
Al-Bādiyat al Junubiyah

南部砂漠地帯の意味。イラク南西端帯,サウジアラビアとの国境部の地方名。面積7万 6143km2。標高約 500mの高原砂漠で,樹木はほとんどなく,巨大な涸れ川 (ワディ) が多数ユーフラテス川に向って北東流している。カルバラーからアラビア半島のイスラム聖地への巡礼路のほかは,バグダードの中央政府の関心は薄い。住民はアナイザ族,アマラット族などの遊牧民

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android