コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビア半島 アラビアはんとうArabian Peninsula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラビア半島
アラビアはんとう
Arabian Peninsula

西アジアの南西端にある半島。長さ約 1900km,最大幅 2100km,面積約 260万 km2。北部のシリア砂漠との境界は地理的に明確ではないが,南西は紅海でアフリカと,北東ペルシア湾オマーン湾でイランと限られ,南はアデン湾に面している。その大部分は高原性の台地で,西に高く東に低い。南西端と南東端で最も高く,イエメンでは富士山頂とほぼ等しい。地形学的には西のアラビア楯状地と,それよりも新しい北東,東,南東の堆積地域から成る。堆積地域は主として石灰岩から成り,砂岩や頁岩も多く,最古の堆積物は古生代前期のものである。中生代のジュラ紀と白亜紀のなかには,地下 3200m付近に多量の石油とガスを埋蔵する。その大部分の地域は乾燥気候区に属し,河川はすべて涸れ川 (ワディ) で,広大な砂漠が発達している。なかでも南部に広がるルブアルハーリー砂漠は,暑さのきびしい砂砂漠で,無人ともいえる地帯が広がり,正確な国境線は未確定である。このように過酷な気候は,アラビア半島内部を長く外界から閉ざし,ローマ帝国も前 25~24年に征服を試みたが失敗している。7世紀に半島東部に起ったイスラム教は,またたくまに北アフリカから中央アジアにまで普及し,アラビア半島は初めて世界の脚光を浴びるにいたった。半島の住民はオアシス農民と遊牧民 (ベドウィン) とから成り,闘争,略奪の歴史を繰返した。オスマン帝国の時代になって,初めてアラビア半島内部は外部世界の征服を受けたが,それでも軍隊の常駐はできなかった。政治的統一を達成するのに貢献したのは,20世紀前期に登場したイブン・サウードである。彼はトルコ軍を破り,イギリスを主とするヨーロッパ列強の干渉には巧みに妥協して,1932年,半島の大半を占めるサウジアラビアの建国に成功した。現在でも半島の大半は荒涼たる砂漠ややせた草地であり,遊牧民の生活舞台となっているが,オアシスも多く散在し,人口比率からはオアシス農民のほうが多い。イエメンの高地は雨が多く,農業がかなり発達している。 30年代から東海岸で世界最大の埋蔵量をもつ油田が開発され,石油の産出量が増大するにつれて,この地域の発展はめざましい。わずかな鉄道と自動車道を除くと,近代陸上交通の発達は遅れ,隊商路も依然利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アラビア‐はんとう〔‐ハンタウ〕【アラビア半島】

アラビア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アラビア半島【アラビアはんとう】

西アジアの大半島。約259万km2。政治的にはサウジアラビア,クウェート,バーレーン,カタール,アラブ首長国連邦,オマーン,イエメンに分かれる。高原状地形で紅海沿いに半島西部を南北に走る分水嶺がある。
→関連項目西アジア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラビアはんとう【アラビア半島 Arabian Peninsula】

西南アジアの南西部にある巨大な半島。アラビア語でジャジーラ・アルアラブJazīra al‐‘Arab(〈アラブの島〉の意)。メソポタミア,シリアから南東方向へ突出する。形は爪先を北東にむけた太くて短い長靴に似て,北東はペルシア湾とオマーン湾,南東はアラビア海アデン湾,南西は紅海とその支湾のアカバ湾によって,それぞれ画されている。長さ約2300km,幅1200~1800km,面積約259万km2
[地質,地形]
 アラビア半島は,地質時代の古生代から中生代にかけて,アフリカ大陸,オーストラリア大陸,インド半島などともつながって存在していた,いわゆるゴンドワナ大陸のなごりの陸塊で,全般に台地状である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラビア半島
あらびあはんとう
Arabian Peninsula

西南アジアの南西部にあって、メソポタミア、シリアから南東方向へ突出する巨大な半島。南東はアラビア海、アデン湾に臨み、北東はペルシア湾(アラビア湾)、オマーン湾によって、南西は紅海とその支湾アカバ湾によって、それぞれ限られる。長さ約2300キロメートル、幅1200~1800キロメートル、面積約300万平方キロメートル。アラブ人によって、ジャジーラル・アラブJazra al-‘Arab(アラブの島)とよばれることもある。
 大半の地域はサウジアラビアによって占められ、ペルシア湾岸から南東部にかけてはクウェート、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦、オマーンの国々が、また南部にはイエメン共和国が、それぞれ存在する。
 地質時代の古生代から中生代に、アフリカ大陸、オーストラリア大陸、インド半島ともつながって存在していたゴンドワナ大陸の名残(なごり)の陸塊で、陸塊の基盤をなす始原代の花崗(かこう)岩、片麻(へんま)岩が半島西部の地層を形成する。他方、半島東部には、陸塊の沈降期に堆積(たいせき)した古生代以降の地層が水平に重なっている。東部、西部で地質が異なるのは、新生代第三紀に紅海の部分が陥没してアラビア半島がアフリカ大陸から分離した際、半島の地塊が東に緩やかに傾動したため、西部にもあった堆積層がその後の侵食作用で削り取られた結果である。なお、地塊の傾動に加えて、半島の西縁は断層沿いに溶岩の噴出もあって高度が高く、半島の分水嶺(ぶんすいれい)を形成し、南部のアシール山地で標高2000メートル、南端のイエメン山地で標高3000メートルに達する。最高峰はイエメン山地のハドゥール山(3760メートル)。アデン湾、アラビア海に臨むハドラマウト山地も標高2000メートルを超える。他方、半島東部は、東へ向けて緩やかに傾斜する標高1500~200メートルの高原を呈し、地層の変わり目には崖(がけ)を伴ったケスタ山地が並走する。また、南東端のオマーン地方には、アルプス‐ヒマラヤ造山帯に属するアハダル山脈(最高峰3018メートル)が横たわる。海岸部の平野はペルシア湾岸などの東部を除いては全般に狭小である。海岸線は出入りに乏しく、ペルシア湾岸にカタール半島やバーレーン島が変化を与えているにすぎない。
 夏にインド洋の季節風の影響によって降水のあるイエメン山地地方や、冬に降水をみるアハダル山脈地方を除いては、年降水量は100ミリメートル程度にすぎず、気候は乾燥している。そのため広く砂漠に覆われ、サハラ砂漠なみの超乾燥地域をなす南部のルブ・アル・ハーリー砂漠や、北部のナフード砂漠、中部のダハナー砂漠は著名である。乾燥気候下で降る一時的な豪雨によって刻まれるワジ(水無川)の河谷は、地表の地形に変化を与えている。
 人口は約3800万で、人口密度は1平方キロメートル当り約13人と少ない(1994)。住民のほとんどはアラブ人であるが、ほかにインド人、パキスタン人、イラン人、東アフリカ系黒人などが若干認められる。宗教はイスラム教が支配的であり、ほとんどがスンニー派に属する。
 乾燥気候によって制約されるため、農業が営まれるのはイエメン山地地方や砂漠のオアシスなど水の得られる所に限られる。ステップではラクダ、ヒツジなどを伴った遊牧生活が営まれている。都市ではスーク(バザール)を中心に商活動が行われ、都市間には長距離交易に従事する隊商の活動もみられる。海岸部の住民は漁業や海運とのかかわりが大きい。ペルシア湾沿岸地域は1930年代の発見による石油資源の宝庫であり、近年の新油田の相次ぐ発見と石油価格の高騰は、この地域の産油国経済を大いに潤し、工業化、都市の近代化も促進されてきた。[末尾至行]

歴史

アラビアでの考古学的調査は少ないが、旧石器時代からの人類の存在は確認されている。紀元前五千年紀の土器も出土し、前三千年紀の神殿、都市、墳墓がバーレーン島で発掘調査されており、この時代からメソポタミア文明とアラビアの東部とは密接な関係があったことが判明した。南アラビアでは前一千年紀からいくつかの国家が興亡した。サバ王国が最大の国家であったが、紀元前後のころからヒムヤル王国が強勢となり、4世紀には南アラビアを統一した。これらの王国の民は、サバ王国の首邑(しゅゆう)マーリブにある巨大なダムの遺跡に象徴されるように、高度な農業社会を維持し、独特な文字による碑文を今日に残している。半島の北部とシリア砂漠は、ラクダを飼育する遊牧民と、ラクダで荷を運ぶ商人の世界であった。彼らは荒野の民の意味でアラブとよばれていた。古くは前8世紀のアッシリア王の碑文がアラブに言及し、『旧約聖書』やヘロドトスの『歴史』にもアラブに関する記述がある。彼ら北アラビアのアラブは2世紀ごろから南アラビアに進出し、しだいにこの地を北アラブ化していった。一方、南アラビアの民も遊牧民化して北アラブの文化を受け入れ、北アラビアに進出した。5~6世紀には北アラブも南アラブも半島全域で混住したが、それぞれの出自意識をもっていた。
 アラブの宗教は南北ともに偶像を祀(まつ)る多神教であったが、3世紀ごろからユダヤ教やキリスト教もアラブの間に浸透していった。南アラビアのヒムヤル王国の最後の王はユダヤ教徒であったが、キリスト教徒であるエチオピア王の軍に敗れ、525年王国は滅んだ。半島の西部にある町メッカは多神教徒の聖地であった。6世紀後半から7世紀初頭にかけて、南アラビアはエチオピアの勢力を追ったササン朝ペルシアの領土となり、半島の東部一帯もササン朝ペルシアの政治的影響下に置かれていた。しかし、メッカがある西部はどこにも支配されない地域で、そこにイスラムの勢力が勃興(ぼっこう)した。610年ごろからイスラムを説いた預言者ムハンマド(マホメット)は、622年に生まれ故郷メッカを捨て、メディナに移った。メディナに拠(よ)ったムハンマドは、630年メッカを征服し、以後メッカ、メディナの2都市はイスラムの2聖都となり今日に至っている。ムハンマド没後、正統カリフは、メディナを本拠地にして半島のアラブを集め、広大な地域を征服した。征服者となった半島の住民は征服地の各地に定着した。彼らが半島の住民の言語、すなわちアラビア語を各地に広め、またイスラム教を広めた。しかし、661年のウマイヤ朝の成立とともに、イスラム世界の政治的中心はアラビアを離れた。
 ウマイヤ朝からアッバース朝にかけて、アラビアは広大なイスラム帝国の一部であった。10世紀ごろからイスラム世界が政治的に分裂すると、アラビアの東部はイラクを支配する王朝の統治下に、西部はエジプトを支配する王朝の統治下に入ることが多かった。しかし、アラビアの各地の土着の勢力も強く、しばしば自立し、イバード派やザイド派などのイスラム教の少数派の政権もときには誕生した。18世紀にアラビアにイスラム改革運動の一つであるワッハーブ派の運動がおこり、政治的運動と結び付き今日のサウジアラビア王国の基をつくった。また19世紀にイバード派とザイド派の政権が復興して、今日のオマーンとイエメンの基となった。20世紀に入ると半島の東部の油田が開発され、第二次世界大戦後、東部の土着勢力は次々と独立国家となった。1973年10月の第四次中東戦争を契機に、アラビアの諸国は石油資源を自らコントロールし始め、その力を背景にして世界を動かす力を保持するようになった。[後藤 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アラビア半島の関連キーワードキングファハドコーズウエーバーブ・アルマンダブ海峡トルーシャル・オマーンマスカット・オマーンジャーヒリーヤ時代バベルマンデブ海峡ウムアルカイワインアラビア・デセルタヒジャーズ鉄道ハムダーニーワッハーブ派ヒヒ(狒々)ナフード砂漠ティハーマドファールクウェートマシーラ島マスカットムハンマドエイラト湾

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラビア半島の関連情報