コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーデン・ビュルテンベルク Baden‐Württemberg

1件 の用語解説(バーデン・ビュルテンベルクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バーデン・ビュルテンベルク【Baden‐Württemberg】

ドイツ南西部の州(ラント)。面積3万5750km2,人口1027万(1995)。州都シュトゥットガルト。おもな都市として他にマンハイムカールスルーエフライブルクハイデルベルク等がある。ドイツの南西端に位置し,西はフランス,南はスイスと境を接している。歴史的にはドイツの旧領邦バーデン(大公国)とビュルテンベルク(王国)を主たる母体にしているが,直接の前身は第2次大戦後1945年につくられたビュルテンベルクバーデン州(アメリカ占領地区)とビュルテンベルク・ホーエンツォレルン州およびバーデン州(フランス占領地区)の3州で,これが1951年の住民投票の結果に基づき52年に結合されてできた州である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バーデン・ビュルテンベルクの関連キーワードコンスタンツチュービンゲンドイツ連邦共和国バーデンバーデンヘルゴラント島マインツザールラントシュバーベンユトランド半島

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バーデン・ビュルテンベルクの関連情報