コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂井 さかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂井
さかい

福井県北部,坂井市中部の旧町域。福井平野北部の坂井平野に位置する。 1961年町制施行。 2006年三国町,丸岡町,春江町と合体して坂井市となった。地名は坂井郡に由来する。全域が肥沃な平野にあり,県下有数の穀倉地帯である。肉牛の生産も盛ん。電器,時計などの工場が進出している。縄文土器弥生土器を出土し,住居跡,円墳,条里制遺構が残る。古刹大善寺がある。

坂井
さかい

長野県中部,筑北村北東部の旧村域。上田盆地北西方の筑摩山地にある。 1889年村制施行。 2005年本城村,坂北村と合体して筑北村となった。三方を山で囲まれ,いずれも峠越えで外部と通じる。南の青木村との境にある修那羅峠 (しょならとうげ) は石仏が多いことで有名。米作のほか畜産,高原野菜の栽培などが行なわれる。近年は長野市や松本市への通勤者が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さかい〔さかゐ〕【坂井】

福井県北部にある市。平野部での稲作のほか、沿岸部ではカニ漁が盛ん。東尋坊丸岡城などの観光資源も多い。南隣の福井市のベッドタウン化が進む。平成18年(2006)3月に三国町・丸岡町・春江町・坂井町が合併して成立。人口9.2万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さかい【坂井】

福井県北部の市。福井平野北部に広がり、南部を九頭竜川が流れる。南部は県有数の穀倉地帯。織物業も発達。東尋坊、丸岡城天守閣などで知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

坂井の関連キーワード福井県坂井市春江町江留下宇和江福井県坂井市春江町江留上日の出福井県坂井市春江町いちい野中央福井県坂井市春江町為国亀ケ久保福井県坂井市春江町江留上中央福井県坂井市春江町江留上新町福井県坂井市春江町江留上昭和福井県坂井市春江町いちい野北福井県坂井市春江町為国西の宮福井県坂井市春江町江留上大和福井県坂井市春江町木部西方寺福井県坂井市春江町随応寺中央福井県坂井市春江町江留下屋敷福井県坂井市春江町江留下相田福井県坂井市丸岡町一本田福所福井県坂井市春江町江留上本町福井県坂井市春江町江留下高道福井県坂井市丸岡町石城戸町福井県坂井市春江町江留上錦福井県坂井市春江町為国平成

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂井の関連情報