コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーマナ バーマナ Vāmana

1件 の用語解説(バーマナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーマナ
バーマナ
Vāmana

サンスクリット語で,矮人の意。ヒンドゥー教ビシュヌ派の最高神であるビシュヌの化身の一つ。悪魔バリから世界を奪還するためにビシュヌはバーマナ人となって,バリに自分が3歩歩く広さの土地を譲ってくれと依頼する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバーマナの言及

【インド神話】より

…プラーナ文献において,ビシュヌの化身(アバターラavatāra)神話が整備された。化身の種類と数については種々の説があり,必ずしも一定しないが,特に,猪(バラーハ),人獅子(ヌリシンハ),亀(クールマ),侏儒(バーマナ),魚(マツヤ),ラーマ,パラシュラーマParaśurāma,クリシュナ,ブッダ,カルキKalkiの10種の化身が最も一般的である。ビシュヌは猪となり,水没していた大地をその牙で救い上げ,悪魔ヒラニヤークシャを殺した。…

※「バーマナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バーマナの関連キーワードサンスクリット劇サンスクリット語ジャヤデーバダウラギリプラークリット語ヒンドゥートゥーランガリラ交響曲クルクシェートラネオ・ヒンドゥーヒンドゥー法典

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バーマナの関連情報