コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーマナ バーマナVāmana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーマナ
Vāmana

サンスクリット語で,矮人の意。ヒンドゥー教のビシュヌ派の最高神であるビシュヌの化身の一つ。悪魔バリから世界を奪還するためにビシュヌはバーマナ人となって,バリに自分が3歩歩く広さの土地を譲ってくれと依頼する。バリが承知すると,彼はもとの姿に戻り3歩歩いたが,それは天,地,地下の世界を闊歩するものであったという神話を背景とする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のバーマナの言及

【インド神話】より

…プラーナ文献において,ビシュヌの化身(アバターラavatāra)神話が整備された。化身の種類と数については種々の説があり,必ずしも一定しないが,特に,猪(バラーハ),人獅子(ヌリシンハ),亀(クールマ),侏儒(バーマナ),魚(マツヤ),ラーマ,パラシュラーマParaśurāma,クリシュナ,ブッダ,カルキKalkiの10種の化身が最も一般的である。ビシュヌは猪となり,水没していた大地をその牙で救い上げ,悪魔ヒラニヤークシャを殺した。…

※「バーマナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バーマナの関連キーワードヒンドゥー教の神々バーマナ・プラーナスバンドゥ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android