コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーワンド朝 バーワンドちょう Bāwandids; Bāvandīya(Āl-i Bāvand)

1件 の用語解説(バーワンド朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーワンド朝
バーワンドちょう
Bāwandids; Bāvandīya(Āl-i Bāvand)

イラン北部タバリスタンを支配した地方王朝 (665~1349) 。ササン朝のタバリスタン総督あるいはレイのマギ僧であったといわれるバーウ Bāwに始る。 854年イスラム教を受容。 11世紀初めジヤール朝の進出により衰退するが,やがてセルジューク朝,次いでホラズム・シャー朝の宗主権のもとにタバリスタンからギーラーン,レイ,クーミスにも支配を拡大。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーワンド朝の関連キーワードクシャン朝ササン朝サーリージヤール朝ピカルディ王朝服部タバコホラズム朝チタバリルリスタン青銅器

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone