バーワンド朝(読み)バーワンドちょう(英語表記)Bāwandids; Bāvandīya(Āl-i Bāvand)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーワンド朝
バーワンドちょう
Bāwandids; Bāvandīya(Āl-i Bāvand)

イラン北部タバリスタンを支配した地方王朝 (665~1349) 。ササン朝のタバリスタン総督あるいはレイのマギ僧であったといわれるバーウ Bāwに始る。 854年イスラム教を受容。 11世紀初めジヤール朝の進出により衰退するが,やがてセルジューク朝,次いでホラズム・シャー朝宗主権のもとにタバリスタンからギーラーン,レイ,クーミスにも支配を拡大。 13世紀初めのイスマーイール派の台頭およびモンゴルの侵入による衰退期を経て,モンゴル統治下に再興されたが,1349年最後の君主ファフル・ウッダウラが暗殺されて滅びた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android