コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーワンド朝 バーワンドちょうBāwandids; Bāvandīya(Āl-i Bāvand)

1件 の用語解説(バーワンド朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーワンド朝
バーワンドちょう
Bāwandids; Bāvandīya(Āl-i Bāvand)

イラン北部タバリスタンを支配した地方王朝 (665~1349) 。ササン朝のタバリスタン総督あるいはレイのマギ僧であったといわれるバーウ Bāwに始る。 854年イスラム教を受容。 11世紀初めジヤール朝の進出により衰退するが,やがてセルジューク朝,次いでホラズム・シャー朝の宗主権のもとにタバリスタンからギーラーン,レイ,クーミスにも支配を拡大。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone