コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台頭/擡頭 タイトウ

デジタル大辞泉の解説

たい‐とう【台頭/×擡頭】

[名](スル)
頭をもたげること。勢いを増してくること。「改革派が―する」
上奏文などで、貴人の名やそれに関する語の出てくるとき、敬意を表して改行し、一段高く書くこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

台頭/擡頭の関連キーワードプライマリーストラクチャーニューヨーク・コレクションアナルコ・サンジカリズムトゥエンティーズ・ルックチャンドラグプタ[1世]セブンティーズ・ルックユーロナショナリズムグラン・ローヴァ物語ミラノ・コレクションイージー・リスニングネオナショナリズム要素価格均等化定理国民精神作興詔書ヒンズー過激諸派パクスブリタニカブリューニング産別民主化同盟インフェルトネオナチズムポンチャック

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android