パイレックスガラス

化学辞典 第2版「パイレックスガラス」の解説

パイレックスガラス
パイレックスガラス
Pyrex glass

アメリカのCorning社の代表的な理化学用ガラスの商標名で,ホウケイ酸ガラスの一種.SiO281,B2O312,Al2O32,Na2O4.5重量% の標準組成をもち,膨張係数32×10-7 K-1.軟化点820 ℃.すぐれた化学的耐久性をもつ.世界的に有名である.[別用語参照]耐熱性ガラス

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「パイレックスガラス」の解説

パイレックス‐ガラス(Pyrex glass)

耐熱性硬質ガラスの一種。硼酸ほうさん二酸化珪素を主成分とし、アルカリ分が少ない。Pyrexは商標名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android