二酸化珪素(読み)にさんかけいそ

精選版 日本国語大辞典「二酸化珪素」の解説

にさんか‐けいそ ニサンクヮ‥【二酸化珪素】

〘名〙 珪素の酸化物。化学式 SiO2 石英鱗珪石クリストバル石の三つの変態およびコロイド状・ガラス状のものなどがある。天然には、水晶珪砂瑪瑙玉髄オパール珪藻土などとして広く存在し、珪酸塩工業の原料宝石として用いられる。シリカ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「二酸化珪素」の解説

にさんか‐けいそ〔ニサンクワ‐〕【二酸化×珪素】

珪素の酸化物。天然には水晶石英瑪瑙めのうオパールなどとして産出。純粋なものは無色結晶弗化ふっか水素・融解アルカリ以外に対しては安定。ガラス・水晶発振器・研磨剤などに利用。化学式SiO2 シリカ。無水珪酸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android