硼酸(読み)ほうさん

精選版 日本国語大辞典 「硼酸」の意味・読み・例文・類語

ほう‐さん ハウ‥【硼酸】

〘名〙 硼素を含む無機酸で、つやのある鱗片状の結晶または粉末化学式 H3BO3 殺菌力は弱いが生体に対する刺激も弱いので、かつては消毒洗浄軟膏剤として用いられた。ガラス顔料などの原料。〔薬品名彙(1873)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「硼酸」の意味・読み・例文・類語

ほう‐さん〔ハウ‐〕【×硼酸】

硼素オキソ酸無色無臭のうろこ状結晶。水溶液は弱酸性で弱い殺菌力があり、うがい洗眼などに用いられた。ガラス琺瑯ほうろう・顔料などの原料とする。化学式H3BO3
[補説]硼素の同位体10Bには中性子を吸収しやすい性質があるため、原子炉制御材などとして利用されることがある。
[類語]硫酸亜硫酸塩酸硝酸酒石酸燐酸酢酸炭酸枸櫞くえん乳酸王水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android