コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウロ書簡 パウロしょかんPauline Epistles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パウロ書簡
パウロしょかん
Pauline Epistles

新約聖書中のパウロの書簡の総称で次のように分類される。 (1) 初期のもの 『テサロニケ人への第1,第2の手紙』。 (2) 高度の教理上の問題を扱っているもの 『ガラテア人への手紙』『コリント人への第1,第2の手紙』『ローマ人への手紙』。 (3) 獄中書簡 『ピリピ人への手紙』『ピレモンへの手紙』『コロサイ人への手紙』『エペソ人への手紙』 (このうちピレモン書のみ個人あて) 。 (4) 牧会書簡 『テモテへの第1,第2の手紙』『テトスへの手紙』。 (5) 『ヘブル人への手紙』。 (4) ,(5) については,内容的にパウロとのかかわりは深いが,特に文体や語法の点から前の 10書に比べて疑いが濃く,1世紀の終り頃パウロの思想にきわめて近い人の手によって書かれた可能性が強い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パウロ書簡の関連キーワードロック(John Locke)ルフェーブル・デタープルロベルツス[ムラン]ドイツ・キリスト者ルカによる福音書コルネリウスヒエロニムスマルキオンエラスムスガラテヤ書ペラギウスゴート語新約聖書ピリピ書

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android