コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧会書簡 ぼっかいしょかんPastoral Epistles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧会書簡
ぼっかいしょかん
Pastoral Epistles

新約聖書中の『テモテへの第1,第2の手紙』『テトスへの手紙』の総称牧会すなわち信者の救霊に関する教会的活動,特に聖職者心構えや教会の規律や制度について書かれたもので,パウロの書簡とされているが,文体や語法の点からも疑わしい。かりにパウロによるとしても晩年のものであろうとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

牧会書簡【ぼっかいしょかん】

新約聖書中パウロに帰される《テモテへの手紙》(第1,第2)と《テトスへの手紙》の3書簡の総称。英語で《Pastoral Epistles》。弟子に宛てた体裁をとり,司牧上の教訓を含むゆえにこの名があるが,パウロの真作ではないとする説が有力。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼっかいしょかん【牧会書簡 Pastoral Epistles】

新約聖書中の《テモテへの手紙》(第1と第2)および《テトスへの手紙》の三つをさす語。ともに使徒パウロが自分の弟子にあてて個人的に書いたという体裁をとり,牧会上のことがらを扱っているというので,このように総称されてきた。しかしパウロにはない用語法や文体,思想,背後の組織制度などからして,パウロの真正の手紙とは考えられず,大多数の学者によって2世紀初めのものと考えられている。グノーシス的異端に対して〈健全な教え〉が強調され,福音の直説法による十分な基礎づけなしに道徳的・倫理的勧告が語られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼっかいしょかん【牧会書簡】

新約聖書の「テモテへの手紙(第一と第二)」「テトスへの手紙」の総称。パウロが教会の指導監督、信仰生活に関して書き送ったかたちをとる。二世紀初頭に成立。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牧会書簡
ぼっかいしょかん

新約聖書』のなかにある「第一テモテ書」「第二テモテ書」「テトス書」の三つの手紙の総称。内容が「牧会」(教会の指導・運営)にかかる指示であるため、18世紀以来この名称が用いられてきた。形のうえではパウロ書簡ということになっているが、今日では、用語、文体、思想などの点からみて、パウロが直接書いたものではないと判断されている。むしろ、パウロの言行に倣いつつ、聖職者が職分を果たすための教訓やヘレニズム的市民倫理を説く手法は、かなり組織化の進んだ教会の状況を反映している。[土屋 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の牧会書簡の言及

【原始キリスト教】より

…ただしヨハネは,みずからの聖霊体験に基づく復活信仰に拠り,福音書の中にイエスの生を同時代史的に描くことにより,この意味におけるキリスト論を人間理解の本質的前提としている限りにおいて,グノーシス主義そのものとは本質的に区別される。福音書 ところでパウロの立場は,《第2パウロ書簡》(《コロサイ人への手紙》と《エペソ人への手紙》)や《牧会書簡》(《テモテへの手紙》と《テトスへの手紙》)の著者たちによって継承されるが,とくに《牧会書簡》においてはパウロ的伝統が〈健全な教え〉として特徴づけられ,これを担う監督(司教)と執事(助祭)に期待される徳目が,偽りの教えを説く者の不品行と対置されている。使徒的伝承を委託された教会の伝統,これを排他的に担う教職位階性(監督=司教→長老=司祭→執事=助祭),これらを認めずにキリストを介して神との直接性を主張するグノーシス的〈異端〉の排除,――要するに初期カトリシズムの特徴は,《ヨハネの手紙》《クレメンスの手紙》《イグナティオスの手紙》などにしだいに散見されるようになってくる。…

【テトスへの手紙】より

…新約聖書中《牧会書簡》と呼ばれる手紙群の一つ。パウロから彼の弟子であり有能な協力者であったテトス(パウロの《コリント人への第2の手紙》8:6,8:23)にあてて書かれた個人的な手紙の体裁をとってはいるが,《テモテへの手紙》と同様に,パウロにはない用語法や文体,思想,背後の教会の組織制度および状況からして,真正のパウロの手紙とは考えない学者が多い。…

【テモテへの手紙】より

…新約聖書中《牧会書簡》と呼ばれる手紙群に属し,第1と第2の二つの手紙からなる。ともにパウロから彼の愛弟子であるテモテにあてて書かれた個人的な手紙の体裁をとっているが,パウロにない用語法や文体,思想,さらに背後に予想されるのちの教会の状況などからして,真正のパウロの手紙とは考えられず,多くの学者は2世紀初めの成立と考えている。…

※「牧会書簡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牧会書簡の関連キーワードポリュカルポスの手紙テュービンゲン学派

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android