コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パエオニア パエオニアPaeonia; Paionia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パエオニア
Paeonia; Paionia

トラキア人とイリュリア人とが人種混合して成立したといわれるパエオニア人の住んでいた地方名。ペラゴニアの西で,今日の北部ギリシア,マケドニア共和国,西部ブルガリアの一部をなす。ホメロスによれば,トロイの同盟国として描かれているが,その後アケメネス朝ペルシア,マケドニア,ローマの圧迫を受けた。 400年頃にはマケドニア地方のいくつかの州を構成するにとどまり,人種的同一性も失って単なる地理上の名称になった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パエオニアの関連キーワードフィリッポス2世

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android