コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パオティン(保定)特別市 パオティンBaoding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パオティン(保定)〔特別市〕
パオティン
Baoding

中国華北地方,ホーペイ (河北) 省中部の市。3つの市区と2県から成る。ホワペイ (華北) 平原の北西部,ペキン (北京) 市とシーチヤチョワン (石家荘) 市とのほぼ中間にある。付近はハイ (海) 河水系のターチン (大清) 河の支流が網目状に流れ,水運に恵まれる。古くから県がおかれていたが,宋代に保州の州治となり,明ではペキン南西の守りで,保定府の府治。清代には直隷省の行政中心地,民国ではホーペイ省の省都であった。人民共和国の 1958年省都はテンチン (天津) に移った。綿紡織,食品,変圧器,フィルム,化学肥料などの工業が発達。チンコワン (京広) 鉄道が通り,道路も四通していて,農産物や綿織物を集散する。明・清代に多数の教育機関がおかれたが,現在も農業大学がある。蓮池書院は多くの蔵書で知られ,その庭園は公園となっている。市域のマンチョン (満城) 県には大規模な漢墓がある。人口 164万 2260,うち市区人口 60万 5075 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android